NMNは長寿と関連するか

夢というのは誰でも持っていることでしょう。子供の頃になりたかった将来の職業から始まり、スポーツや学業といったものや生活に関する結婚や出産、マイホームやマイカーなどさまざまな夢を見ることが毎日のモチベーションにもなっている人も少なくありません。では、少し考えを変えて、大きな視点で考えると人類の壮大な夢というのはいかがでしょうか。現在は地球の環境問題や世界平和規模の内戦・紛争や難民問題の解決、そして宇宙開発への期待と個人ではどうすることもできない規模の話がメインとなります。

しかし、人は生まれてから一度は考えてきたことがあると思います。「年老いたくない、このまま若いままで人生を過ごしたい」と考えたことがある人は多いはずです。もっと大きなことをいえば、マンガや小説、映画などに出てくる「年老いもせずに永遠の命」という想像の世界を夢見たことはあるでしょう。現実的にそんなことは起こりえないことはわかっていても、このまま科学が発達すれば何でも出来るのではないかと期待もしてしまいます。

現在、一部の世間を賑わしているNMN(ニコチンアミドモヌクレオチド)という成分があります。これは人間の長寿に関係するといわれている「サーチュイン遺伝子」を活性化させる成分のことをいいます。サーチュイン遺伝子とは、名称自体は聞きなれないかもしれませんが、実際に長寿遺伝子といわれており、これを活性化させると生物の寿命が延びることが可能といわれています。