NMNの効果は

NMNの効果を最初に発見したのは日本人研究家です。彼はNMNを万能薬とみなしていません。すべての病気の治療薬に使用できるとも老化を防止するともいってません。重要なのは、ある病気になったときに、NMNを用いて症状を改善させる一種の治療薬としての使い方であり、またもうひとつは、普段からNMNを摂取することで、老化現象に連れて低下してくる身体機能を予防してくれる予防薬としての使い方です。

NMNは人間が身体の機能を正常に保つのに必要なNADという補酵素に変換されています。老化現象が始まると、NADが各臓器で減少し、NMN自体も体内で生成する能力も減少していきます。NMNは人体の臓器を修復する上で重要ですが、加齢によって減少してしまうのです。それなら早い段階でNMNを摂取したほうが良さそうにみえますが、人間は50代後半から60代あたりでNMNを生成する能力が落ちてくると予想されています。この少し前くらいに摂取するのが効果的といわれ、若い世代の20代や30代ではNMNを生成する能力は十分に活用されているので、摂取する必要はないといえます。

それも、従来から人間の体内に存在している物質であり、NMNの摂取はその低下を補っているに過ぎず、身体能力をバランス的に高めて機能を補正しているのです。